不動産売却と住宅ローン:成功への道のり

query_builder 2024/07/08 ローン返済
画像5628
画像5629
不動産売却と住宅ローンについての深い理解を得ることが、売却成功への鍵となります。この記事では、不動産売却と住宅ローンの関係性、適切な手順、注意点などを総合的に解説します。
千代田区不動産売却相談窓口ドットコム
ロゴ

相続や離婚に伴う財産の処分、ローン返済の困難や任意売却、訳あり物件など一般的な手法では対応の難しい不動産売却でお客様をサポートしています。さまざまな状況に対応し千代田区で全力で支援いたします。

千代田区不動産売却相談窓口ドットコム
住所:

〒101-0031

東京都千代田区東神田3-2-4

東神田サマリヤマンション503

電話番号:
03-5823-4341

不動産売却とは?

まずは不動産売却の基本から理解しましょう。売却プロセスの概要から、売却で発生する費用までを解説します。

不動産売却のプロセス

不動産売却のプロセスは、成功への第一歩です。適切なプロセスを踏むことで、円滑な売却が実現します。

まずは、価格設定から始めましょう。不動産の価値を正確に把握することが重要です。査定を依頼し、物件の特徴や周辺環境、過去の売買事例などを考慮して適切な価格を設定します。過大な価格設定は売却の妨げとなるため、現実的な価格を見極めることが必要です。

次に、物件公開の準備を進めます。広告やネット上の掲載など、多様な方法で物件を公開し、潜在的な買い手の関心を引くことが重要です。プロのフォトグラファーやコピーライターの協力を得るなど、魅力的な物件情報を提供することで、多くの興味を集めることができます。

そして、興味を持った買い手との交渉・契約を進めます。買い手の要望や条件を考慮しながら、価格や引渡し時期などの交渉を行います。売却の舞台となるのは契約ですので、重要なポイントを見逃さないよう十分な注意が必要です。契約書の作成や法的な手続きの確認を怠らずに進めましょう。

不動産売却のプロセスでは、信頼できる不動産専門の仲介業者の協力を得ることも大切です。プロのアドバイスやサポートを受けることで、円滑な売却を実現することができます。「成約までの日数を短縮する」「適切な価格設定をする」といったアドバイスを受けながら、売却活動を進めましょう。

不動産売却のプロセスは、売主にとって大きな責任を伴うものです。しかし、適切な手順を踏みながら進めることで、成功への道のりは開けてきます。不動産売却と住宅ローンの関係性を把握しながら、慎重に進めることが不可欠です。

売却で発生する費用

不動産売却には、いくつかの費用が発生します。売却時にはこれらの費用をしっかりと把握し、予算を計画することが重要です。

まず、不動産仲介手数料があります。不動産業者との仲介契約に基づき、売却価格の一定割合が手数料として発生します。この手数料は売却代金に対して支払われるため、高額な物件ほど手数料も増えます。仲介手数料は売却の成立を受けて一括で支払われるので、その負担を事前に把握しておくことが重要です。

また、不動産会社によっては広告費や販促費などの費用が発生する場合もあります。広告や宣伝活動にかかる費用は、物件の魅力を広くアピールするために必要なものです。不動産会社との契約時に費用について確認し、予算内で実施するようにしましょう。

その他にも、不動産売却には抵当権抹消費用や測量費用、印紙税などさまざまな費用が発生する場合があります。これらの費用は物件の状況や地域によって異なるため、売却前に詳細に確認しておくことが大切です。特に抵当権抹消費用は、住宅ローンを完済せずに売却する場合に発生するため、注意が必要です。

不動産売却には、売却価格に加えて様々な費用がかかることを忘れずに理解しておきましょう。費用の発生を見逃さず、事前に予算を立てることで、売却プロセスをスムーズに進めることができます。また、専門家や不動産会社との相談も重要です。適切なアドバイスを受けながら、費用面でも安心して不動産売却を進めていきましょう。

住宅ローンとは?

次に、住宅ローンの基本を抑えましょう。概要からローンの種類、準備すべき資料について説明します。

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンは、家を購入する際に利用されるローンの一種です。このセクションでは、住宅ローンの基礎知識について解説します。

まず、住宅ローンとは一体何なのでしょうか。住宅ローンは、金融機関から家を購入するための資金を借りることです。資金を借り入れた後、定められた期間内で返済を行います。この返済期間は数年から数十年にわたる場合があり、借入金額に対して利息が付加されます。

住宅ローンにはいくつかの種類があります。代表的なものに、固定金利型と変動金利型があります。固定金利型は、利率が借入時から一定期間変動しないもので、毎月の返済金額が一定となります。一方、変動金利型は、金利が期間ごとに変わるため、返済金額も変動します。利率の変動によって返済額が増減するため、長期的な利率動向を考慮して選択する必要があります。

住宅ローンを得るためには、いくつかの準備が必要です。まず、収入や資産状況を証明するための書類が必要となります。例えば、給与明細や源泉徴収票などの収入証明書、預金通帳や株式の評価額などの資産証明書が一般的です。また、借入審査を受けるための申込書や契約書にも記入する必要があります。

住宅ローンは家を購入するための重要な手段ですが、返済能力を十分に考慮して適切な返済計画を立てることが必要です。住宅ローンを利用する際には、返済期間や金利、返済方法などを検討し、将来のライフプランに合った計画を立てましょう。また、金利や条件などについては複数の金融機関を比較検討することも重要です。

住宅ローンの基礎知識を把握しておくことは、家の購入やローンの選択において非常に重要です。返済計画をしっかりと立て、将来の不安を解消するためにも、住宅ローンに関する情報を正しく理解しておきましょう。

住宅ローンを得るための準備

住宅ローンを得るためには、いくつかの準備が必要です。ここでは、住宅ローンを得るための準備について説明します。

まず、収入面の準備が重要です。金融機関は、返済能力を確認するために収入証明書を要求します。給与所得者の場合、最新の給与明細や源泉徴収票などが必要となります。また、自営業やフリーランスの場合は、確定申告書や決算書類などを提出することが求められる場合もあります。これらの書類を事前に準備し、収入の安定性を証明することが重要です。

次に、資金の準備も必要です。住宅ローンには、一定の資金の自己負担が求められます。この自己負担分は、頭金として支払われることが一般的です。頭金の金額や割合は金融機関や融資条件によって異なりますが、一般的には物件価格の20%程度が目安とされています。頭金を用意するためには、長期的な貯蓄計画や資産の見直しを行うことが必要です。

さらに、信用情報の確認も重要です。金融機関は信用情報機関を通じて個人の信用情報を確認します。過去の借入履歴や返済遅延の有無、未払いの債務などが影響を与える場合があります。自己確認のためにも信用情報を事前に確認し、問題がある場合は改善するための対策を取ることが重要です。

最後に、住宅ローンを得るためには金融機関の選定も重要です。金利や返済条件、担当者の対応など様々な要素が関係しますので、複数の金融機関を比較検討しましょう。各金融機関の住宅ローン商品やサービスを比較し、個別の条件やメリット・デメリットを把握することで、自分に最適な住宅ローンを選ぶことができます。

住宅ローンを得るためには、収入や資金、信用情報の準備が欠かせません。計画的に準備を進めることで、スムーズな融資手続きが可能となります。また、専門家や金融機関のアドバイスを受けながら適切な準備を進めましょう。

不動産売却と住宅ローンの関係性

この節では、不動産売却と住宅ローンの間の関係性について深掘りします。

売却とローンの影響

不動産売却と住宅ローンは密接な関係があります。売却がローンにどのような影響を与えるのかを理解することは重要です。

まず、売却価格がローンに与える影響を考えてみましょう。売却価格がローン残債よりも高い場合、売却後に残る資金が生じます。この場合、資金を使ってローンを一部返済することができます。返済額が減ることで、ローンの負担が軽減されます。しかし、売却価格がローン残債よりも低い場合は、売却益が生じずローン残債が残ることになります。この場合は、ローンの返済には引き続き責任を持たなければなりません。

次に、売却とローン返済のタイミングについて考えてみましょう。売却前にローン完済ができれば、売主としては負担がなくなるため、スムーズに次の住宅購入や新たな計画を進めることができます。しかし、売却前にローンを完済できない場合、残債が残ります。この場合は、売却後も残債の返済が継続されることになります。つまり、新しい住宅を購入する場合でも、そのローン返済と併行して既存のローンの返済を行う必要があります。

そのため、売却と同時にローンの完済が困難な場合は、新たな買い手への引き継ぎ手続きやローンの残債の返済計画立てが重要です。これには不動産専門のアドバイザーや金融機関の協力を得ることが効果的です。買い手との交渉や金融機関との打ち合わせを通じて、円滑な引き継ぎ手続きと負担の軽減を図ることができます。

売却と住宅ローンの関係性を理解することで、売主はより正確な売却計画を立てることができます。ローン残債の額や売却価格との相関関係を把握し、適切なステップを踏んで売却を進めましょう。プロのアドバイスや専門家のサポートを活用しながら、円滑な売却とローンの管理を行うことが重要です。

売却とローン返済のタイミング

不動産売却と住宅ローン返済のタイミングは、売主にとって重要なポイントです。ここでは、売却とローン返済のタイミングについて詳しく説明します。

まず、売却とローン返済のタイミングには、同時売却と先行返済の2つの方法があります。同時売却は、不動産を売却する際に住宅ローンを完済する方法です。つまり、売却価格がローン残債を上回る場合に使われる方法です。この場合、売却の成立と同時にローン残債を一括返済し、完済することができます。

一方、先行返済は売却前に既存の住宅ローンを完済する方法です。売却価格がローン残債を下回る場合や、新たな住宅購入のための資金を確保するために使われる方法です。売主がローン返済を先行して行い、その後に不動産売却手続きを進めることで、新たな住宅ローンを負担せずに済む場合があります。

売却とローン返済のタイミングを決める際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。まず、ローンの金利や返済期間、手数料などの条件を確認しましょう。これらの条件が早期返済や一部返済による解約に制限を設けている場合、タイミングを見極めることが重要です。

また、新たな住宅を購入する場合、ローン返済と新たなローンの負担を同時に考慮する必要があります。現在の住宅ローンの残債を一部返済し、新たな住宅ローンを組むことで、返済負担を軽減することができます。また、金融機関との相談や見積もりを通じて、返済計画の立て方や負担を最小限に抑える方法を探しましょう。

売却とローン返済のタイミングを適切に計画することで、売主は負担を最小限に抑えられるだけでなく、新たな住宅購入などの計画をスムーズに進めることができます。プロのアドバイスや金融機関のサポートを活用しながら、最適なタイミングを見極めましょう。

住宅ローン残高と売却額が一致しない時

不動産売却で住宅ローンが完済できない場合、どのように対応すべきか解説します。

売却額が残高を下回る場合

不動産の売却時に、売却額が住宅ローンの残高を下回る場合、売主にはいくつかの対処法があります。

まず、そのまま売却する方法です。売却価格がローン残高を下回る場合でも、そのまま売却することは可能です。ただし、ローン残高を完済する必要があるため、売主自身で不足分を返済する必要があります。自己負担の負担を考慮し、売却益が得られないことに留意する必要があります。

次に、借入金の一部を自己返済する方法があります。売却価格がローン残高を下回っても、売主が追加の資金を用意して一部を返済することで、残債を減らすことができます。この方法では、ローン残高が残るものの、返済額を減らすことができます。

また、第三者へのローンの譲渡も検討できます。売主が別の買い手を見つけて、その買い手が売主と同じ住宅ローンの条件で借り入れを引き継ぐことで、売主はローン残高の返済責任を免れることができます。ただし、金融機関の承認や契約条件の詳細を十分に考慮する必要があります。

売却額がローン残高を下回る場合は、売主にとって経済的な負担が生じるため、慎重な対処が求められます。売却前にローン返済の状況や必要な資金を詳細に把握し、複数の選択肢を検討することが重要です。また、金融機関や不動産専門家との相談を通じて、最適な手段や対策を見つけることもおすすめです。円滑な売却と残債問題の解決に向けて、専門家のアドバイスやサポートを頼ることが大切です。

売却額が残高を上回る場合

不動産を売却する際に、売却額が住宅ローンの残高を上回る場合、売主にはいくつかの選択肢があります。

まず、売却益を活用してローンの一部返済を行う方法があります。売却時に得られた売却益を使って、ローンの残高を減らすことができます。これにより、ローンの総負担を軽減し、将来の返済負担を減らすことができます。ただし、ローンの解約手数料や返済期間の短縮に伴う手数料なども考慮し、計画的な返済を行うことが重要です。

また、新たな住宅を購入する場合には、売却益を活用して新たな住宅ローンの一部返済に充てることもできます。売主が新たな住宅を購入する際に、売却益を頭金に充てることで、新たなローンの負担を軽減することができます。この場合、売主は現在のローン残高と新たなローンの返済を同時に行うことになります。

さらに、売却益が十分に大きく、現在の住宅ローンを完済することができる場合、売主は完済する選択肢も検討できます。ローンの完済により、将来の返済負担をなくすことができます。ただし、ローン解約手数料や返済時期の調整による手数料などを検討し、完済のメリットとデメリットを十分に比較することが重要です。

売却額がローン残高を上回る場合は、売主にとって有利な状況です。売却益を活用して既存のローン残高の返済や新たな住宅ローンの負担を軽減することができます。ただし、それぞれの方法には手数料や費用が発生する場合もありますので、注意が必要です。専門家や金融機関のアドバイスを受けながら、最適な選択肢を検討しましょう。

不動産売却の成功例

ここで不動産売却の成功例をいくつか紹介します。

成功例1:市場とタイミングを見極めた売却

市場とタイミングを見極めることは、不動産売却において非常に重要な要素です。以下では、市場とタイミングを見極めた成功例を紹介します。

ある売主は、自宅の売却を考えていました。物件の魅力や状態を確認した上で、地元の不動産市場の状況を見極めるために情報収集を行いました。過去数年間の相場動向や近隣の物件の販売状況などを調査し、市場のトレンドを把握しました。

収集した情報を元に、売主は物件の価格設定と売却タイミングを決めました。市場の需要と供給のバランスを考慮し、適正な価格を設定することで、売却の成功を目指しました。また、物件の魅力を最大限に引き出すために、修繕やリノベーションなどのプロジェクトも計画しました。

さらに、売主は市場のタイミングも見極めました。地元の不動産市場において需要が高まっている時期を狙うことで、多くの買い手の関心を引くことができます。売主は、特定の季節やイベント、地域の発展計画などの要素を考慮し、売却タイミングを選びました。

結果として、売主は市場とタイミングを見極めた売却に成功しました。適正な価格と魅力的な物件状態により、物件は迅速に買い手を見つけることができました。売却益も予想以上に得ることができ、売主は満足のいく結果を得ることができました。

この成功例からわかるように、不動産売却には市場の動向とタイミングの見極めが重要です。自身の物件の魅力や市場の需要を把握し、価格設定や売却タイミングを選ぶことで、成功への道を切り拓くことができます。市場情報の収集と専門家のアドバイスを活用しながら、最適な売却戦略を立てましょう。

成功例2:適正評価とローン計画

適正な評価とローン計画は、不動産売却において成功の鍵となります。以下では、そのような成功例を紹介します。

別の売主は、自宅を売却する際に適正な評価とローン計画を重視しました。まず、売主はプロの不動産査定士に相談し、物件の適正な評価を受けました。適正価格の把握により、売主は物件の市場価値を正確に把握することができ、適切な価格設定を行いました。

その後、売主は現在の住宅ローンの状況と将来の返済プランを詳細に計画しました。残債や金利、返済期間などを考慮して、返済プランを立てることで売却時のローン残高を予測しました。

売主は、売却時に生じるローン残高と評価額のバランスを重視しました。評価額とローン残高の適合を確認することで、売却後に残るローン残高を最小限に抑えることができます。適正な評価とローン計画により、売主は円滑な売却プロセスを実現し、理想的な結果を得ることができました。

この成功例からわかるように、適正な評価とローン計画は不動産売却において非常に重要です。適正価格の把握やローンの計画は、売主にとって将来の返済負担を最小限に抑えることを可能にします。プロのアドバイスを受けながら、物件の評価とローン計画を十分に検討しましょう。正確な評価と計画に基づく売却戦略を立てることで、成功への道を拓くことができます。

まとめ

不動産売却と住宅ローンに関わる要点をまとめます。

不動産売却のポイント

不動産売却を成功させるためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下では、不動産売却のポイントを紹介します。

まず、正確な評価と価格設定がポイントです。自分の不動産を客観的に評価し、市場価値を正確に把握することが重要です。専門家のアドバイスや不動産査定士の意見を聞くことで、適切な価格を設定することができます。

次に、魅力的なプレゼンテーションがポイントです。売却する不動産の魅力を最大限に引き出すために、美しい写真や魅力的な物件情報を提供することが重要です。インターネットや不動産広告など、多様なメディアを活用して広くアピールしましょう。

さらに、専門家のアドバイスを活用することもポイントです。不動産エージェントや不動産売買専門のアドバイザーに相談し、適切な戦略を立てることが重要です。彼らは豊富な経験と知識を持っており、売却プロセスをサポートしてくれます。

また、柔軟な交渉が必要なポイントです。売却価格や契約条件について、買い手との交渉を進めることが不可欠です。相手の立場を理解し、双方が納得できる解決策を見つけることが重要です。円滑な交渉を通じて、売却の成立を目指しましょう。

最後に、売却プロセスの透明性と正確な情報提供がポイントです。買い手や関係者に対して正確な情報を提供し、透明性を保つことで信頼関係を構築しましょう。契約書や法的な手続きに関しても、専門家のサポートを受けながら正確に処理することが重要です。

不動産売却には多くのポイントがありますが、正確な評価、魅力的なプレゼンテーション、専門家のアドバイス、柔軟な交渉、透明性と正確な情報提供が成功への鍵となります。これらのポイントを押さえながら、スムーズで成功した不動産売却を目指しましょう。

住宅ローンと売却の関連性

不動産売却と住宅ローンは密接に関連しています。以下では、その関連性について紹介します。

住宅ローンは、売主が家を購入する際に利用することが一般的です。そのため、売却時には住宅ローンの返済状況や残債の問題が発生することがあります。売主は、売却する際に住宅ローンの状況を把握し、適切な対処策を立てる必要があります。

売主が住宅ローン残高を完済している場合、売却によってローンの負担がなくなります。売主は、売却を通じて得た資金を新たな計画や住宅の購入に活用することができます。一方、住宅ローンの残高が残っている場合、売却後も返済が継続されることになります。売主は、売却額や返済計画を考慮しながら、適切なローン管理を行う必要があります。

売主が住宅ローン残高を売却額で完済できない場合、追加の資金を用意する必要が生じます。この場合、売主は残債を返済するための資金を自己負担する必要があります。追加の資金の調達方法や負担度合いを十分に検討し、計画的な行動を取ることが重要です。

不動産売却時には、売主は住宅ローンの状況を正確に把握し、売却プロセスを計画する必要があります。売却額とローンの関連性を理解し、適切な対処策を講じることで、円滑な売却とローンの管理が実現されます。専門家のアドバイスを受けながら、事前に適切なプランを立てましょう。

よくある質問

このセクションでは、不動産売却と住宅ローンに関するよくある質問とその答えを紹介します。

仲介業者選びのポイント

不動産売却において、適切な仲介業者の選択は非常に重要です。以下では、仲介業者選びのポイントを紹介します。

まず、信頼性と経験が重要なポイントです。信頼できる仲介業者を選ぶためには、業界での実績や評判を確認しましょう。長年の経験と高い専門知識を持つ業者は、売却プロセスをスムーズに進めることができます。

次に、地域の知識とネットワークが重要です。地域に精通し、地元の市場動向や需要動向を把握している業者は、適切な価格設定やターゲット層の特定など、売却戦略において有利な立場に立つことができます。また、広いネットワークを持っている業者は、多くの買い手とのつながりを持っているため、より早い売却を実現することができます。

さらに、サービスや対応力もポイントです。売主とのコミュニケーションが円滑であり、査定やプレゼンテーションなどのサービスがきめ細かい業者を選ぶことが重要です。売主の要望やニーズに合わせた適切なアドバイスを提供してくれる業者は、売却の成功に大きく貢献することができます。

最後に、料金体系や契約内容を確認することも重要です。業者の料金体系や契約条件が明確であり、適正な価格設定であるかをチェックしましょう。不明瞭な点や高額な手数料などは回避するようにし、透明性のある契約を結ぶことが大切です。

不動産売却において、適切な仲介業者の選択は成功への重要な要素です。信頼性や経験、地域の知識やネットワーク、サービスや対応力、料金体系や契約内容などを考慮しながら、複数の業者を比較検討しましょう。売主のニーズに合ったパートナーを見つけることによって、円滑な売却プロセスを実現することができます。

ローン残高がある状態での売却は可能?

住宅ローンが残っている状態での不動産売却は可能ですが、いくつかの要点を押さえる必要があります。

まず、ローン残高がある場合、売却時にそのローンの返済が優先されます。売主は残債を完済するための資金を用意する必要があります。売却額がローン残高を上回る場合は、残債の返済に充てることができます。逆に、売却額がローン残高を下回る場合は、売主が返済不足分を自己負担する必要が生じます。

また、住宅ローンを残したままの状態での売却には、金融機関の承認が必要です。売主と買い手の双方が合意し、金融機関がそれを認めることで、ローンの譲渡や残債の引き継ぎが行われます。この際、契約書やローンの条件、融資状況などの詳細を確認し、個別の手続きを行う必要があります。

売却時に住宅ローンを残したままである場合、売主は売却後も残債の返済責任を持ち続けることになります。新たな住宅を購入したい場合には、そのローン返済と並行して引き続き元のローンの返済も行わなければなりません。このような場合、売主は自身の返済能力や将来のローン負担を十分に考慮し、計画的な行動をとることが重要です。

住宅ローンを残したままの状態での売却は可能ですが、売主には返済負担や金融機関の承認など様々な要素が関わってきます。売主は専門家のアドバイスを受けながら、自身の状況や選択肢を十分に検討し、適切な判断を行うことが重要です。

まとめ

記事の結論と、読者が次にすべきステップを結びつけます。

全体のまとめと次のステップ

不動産売却と住宅ローンに関するポイントを振り返り、次のステップに進む準備を整えましょう。

不動産売却では、適正な評価と価格設定、魅力的なプレゼンテーション、専門家のアドバイス、柔軟な交渉、透明性と正確な情報提供が重要です。また、住宅ローンの状況や売却価格との関連性を理解し、ローンの返済や引き継ぎを計画的に進める必要があります。

次のステップとしては、以下の点を考えましょう。まず、売却のために不動産専門の仲介業者を選び、契約を結びましょう。信頼性や経験、地域の知識、サービス提供などを比較検討し、自身のニーズに合った業者を選ぶことが重要です。

また、売却の際には適正な価格設定と市場のタイミングを見極めることがポイントです。地元の不動産市場や需要動向を把握し、適切な売却タイミングを選びましょう。これらの要素を考慮しながら、売却戦略を立てることが成功への鍵です。

さらに、売却時には住宅ローンの状況も重要です。売却前にローン完済が不可能な場合は、返済プランを立て、売却後のローンの管理を行いましょう。残債の返済や譲渡など、個別の手続きを進めるためにも、金融機関とのコミュニケーションを大切にしましょう。

不動産売却と住宅ローンには様々な要素が関わりますが、事前の準備と計画は成功のカギとなります。自身の状況と目標を考慮し、売却の次のステップを確認しましょう。専門家や金融機関のサポートを活用しながら、スムーズかつ成功した不動産売却を目指しましょう。

専門家の助けを借りてスムーズな売却を

不動産売却においては、専門家の助けを借りることが重要です。

不動産エージェントや不動産売買アドバイザーは、豊富な経験と知識を持ち、売却プロセスをスムーズに進めるためのサポートを提供してくれます。彼らは市場のトレンドや適正価格の把握に長けており、魅力的な物件プレゼンテーションや効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

また、専門家は交渉のプロです。買い手との交渉においても、的確なアドバイスと戦略的なアプローチを提供してくれます。適切な条件や契約の詳細を確認し、円滑な取引を実現することができます。

専門家の助けを借りることで、売却時に生じる複雑な手続きや法的な書類の処理もスムーズに進めることができます。彼らは適切な見積もりの提供やフレキシブルな解決策の提案にも精通しており、売主のニーズや目標に合わせた最適な解決方法を見つけることができます。

不動産売却のプロセスは複雑であり、成功には多くの要素が関わってきます。専門家のアドバイスとサポートを受けることで、スムーズで効果的な売却を実現することができます。売主は専門家との協力を通じて、最善の結果を得るためのパートナーシップを築きましょう。

千代田区不動産売却相談窓口ドットコム
ロゴ

相続や離婚に伴う財産の処分、ローン返済の困難や任意売却、訳あり物件など一般的な手法では対応の難しい不動産売却でお客様をサポートしています。さまざまな状況に対応し千代田区で全力で支援いたします。

千代田区不動産売却相談窓口ドットコム

〒101-0031

東京都千代田区東神田3-2-4

東神田サマリヤマンション503

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG